ヤバすぎる末路 定年後に「持ち家を売った」年金暮らし夫婦たち

定年後に「持ち家を売った」年金暮らし夫婦たち
定年後に「持ち家を売る」ことでその後の生活が立ち行かなくなるリスクが隠れています。
現状でも老後を左右するには差がでる要素があります。

  • 1戸建てに住んでいるか?
  • マンションに住んでいるのか?
  • 集合住宅県営・都営住宅なのか?

定年後に「持ち家を売った」年金暮らし夫婦たち、そのヤバすぎる末路

 もし家を売る必要に迫られたとしても、売却までになにを処分しなければいけないのか、家を買うとどんなリスクがあるのか、家族と話し合いながら徐々に資産整理を進めていくのが得策です」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200104-00063906-gendaibiz-bus_all&p=3

家を売るリスクとは?

  • 転居する際の費用
    持ち家を売る⇒経費が思った以上に発生する。
    高齢者ほど物を貯めこむ傾向は強く、処分するのに多額の費用が発生することが多い。
  • 管理組合が機能不全に陥っているマンションも存在しているためマンション暮らしが必ずしもローリスクとは断言できない。
  • 住環境の違い

    何十年も戸建てで生活してきた人が賃貸や、マンション生活(共同住宅)にいきなり変更すると生活サイクルが大きく異なる為ストレスが高まる可能性が有る。
    マンションのデメリット

  • 共用施設の問題
    エレベーターや機械式駐車場の修繕コストを見越した積立金を確保できているかを確認せずに買うのは危険ですよ。
  • 共有スペースや駐車場の多いマンションは、誰も使わなくなるとそのマンションに住む人が支払う管理費が負担になる
  • マンション買うなら、よく吟味

    重要事項説明書で修繕積立金残高修繕履歴の確認

    地域差

    東京都内23区なら老築化したマンションでもゴーストにはならない可能性は有る。
    戸建てでも空き家で放置されっぱなしという事例は少なく見かけることは殆どない。

    高齢になった時の転居リスク
    住み替えは慣れない環境で暮らすことになりストレスなどで
    老人性鬱や認知症の原因になる可能性が出てくる。
    これは治安維持と、行政なども資金は潤沢だからといえる。
    地方に限ってはこの限りではない可能性が残る。

    両親の資産、年金、どちらか1人になった時の収入を把握し、
    要介護などになる前に、施設入所者の費用を知っておいた方が良いです。

    郊外の一軒家の何が不満なのか?
    駅前などにアクセスしにくいのが理由であれば、元々近いエリアで暮らせることを検討したライフプランがないと無理である。

    体験談と実感

    年老いた両親が暮らしているだけだと庭や外観が結構みすぼらしくなってしまう。
    その家に子供がいた時よりも、近所づきあいもおのずと減る為、近隣社会等の周りに使う配慮が減少してきてくるのだろう。
    地方などの集合住宅でも高齢者の比率が増えると荒れ放題になりやすい。
    ※都内の集合住宅などは有れにくいですが、郊外になると話は変わってくる。
    高齢や親の為に同居できたりマンション買い与えたりできる経済力に余裕がある子供であれば良いのですが、現状の30代~40代は貧困層の比率が高く40代後半以上でもさらに子供の教育費などの負担が大きい為自分の親の面倒に資金を割く余裕がない家庭が殆どでしょう。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました