終活 が必要な理由と現実

通帳とお金と印鑑の写真 終活
通帳とお金と印鑑の写真

終活 が必要な理由と現実の問題について

突然亡くなると家族はそうとうな手間を抱えることになる。

銀行の口座解約や出金ですら手間がかかることから葬式がスムーズに行えないケースも存在する。

残される家族が困らないために事前に策をとっておく必要性が有るのです。

相続の問題
お金と残った家族の問題

終活の利点
終活の用意をしておくことで様々な問題が
プロに依頼するよりも簡単に済ませることが可能です。

エンディングノート
実際に亡くなって効果が無い物の「エンディングノート」などが近年では注目されがちです。
遺言書が作れるサービス。
法律的に効果のないサービスはするだけ無意味だという事。

自分の「考え方を残しておく」という事に意味はありますが、
効果は無い

「公正証書遺言」のように法的に効果があるものが重要
終活を行うのであれば遺族にきちんと遺産やお金を残せる方法が肝心になります。

資産家だけの問題ではない
遺言や遺産相続は、莫大な資産を築いた一部の人の問題だと考えがちですが、
孤独で親戚も子もいないという人以外には必ず発生する問題です。
高齢者の人口は増えているのにも関わらず遺産を作成している人は少ないという問題があります。
これでは万一亡くなった時に困るのは残された人たちです。

2005年に相続税法の改正

コメント

タイトルとURLをコピーしました